エロリストに告ぐ

連載小説完結
鬼の風紀委員『睥睨する断罪者』の正体は――最強のエロリスト!?
最新話を読む
最終更新/2015年3月31日

本文目次

作品応援ボタン(1日1回)応援コメントを書く
※あなたの1票が書籍化につながるかも!?
投稿者:dkさん
投稿日:2015年5月4日

はじめまして、GWを使って楽しく読ませていただきました。

いつか、書籍化して書店に並ぶ日を楽しみにしてます。

その他のおすすめ

あらすじ

特殊な性癖を持ち、神聖な学び舎で破廉恥行為を実行する者――エロリスト。そんなエロリストたちを粛清する立場にある風紀委員・遊ノ宮 仁には、重大な秘密があった。なんと彼は、エロリストが集う秘密結社『桃色の月』のナンバー2なのである! そんな仁の前に現れた謎の転校生・山田マル。エロリスト撲滅を掲げる彼女が風紀委員長に就任したことで、仁の日常は大きく揺るがされていく――!!

キャラ紹介

遊ノ宮 仁(ゆうのみや じん)
本作主人公。
表の顔は『睥睨する断罪者(ジャッジメント・メガネ)』と恐れられる風紀委員だが、裏でもう一つの顔を持つ。
山田マル(やまだ まる)
謎の美少女転校生。
以前の学校では『超機動風紀委員』と呼ばれていたらしい。
吉原 泡(よしわら あぶく)
バス停前学園高等部の生徒会長を務める才女。
しかしてその正体は――?