ごはんだよヘポーちゃん

連載小説完結
おなかも心もほっこり満たされる、青年と幼女のほのぼの飯テロ小説!
最新話を読む
最終更新/2015年6月12日

本文目次

作品応援ボタン(1日1回)応援コメントを書く
※あなたの1票が書籍化につながるかも!?
投稿者:アルさん
投稿日:2015年6月13日

続きが読みたいです!!

投稿者:拓ちゃんさん
投稿日:2015年6月12日

ほっこりとして、目元が潤んで、おなかがめちゃくちゃ空いてしまう作品でした。

投稿者:あやさん
投稿日:2015年5月30日

グラウスタンディアと一緒に楽しく読んでます!
ヘポーちゃん可愛い!料理上手な亮ちゃんは旦那さんに欲しいですw
よっちゃんがうらやましい!続き楽しみにしてます!

その他のおすすめ

あらすじ

とあるアパートで一人暮らしをする【僕】のところに突然、大家さんが連れてきたのは、謎多き金髪碧眼の幼女だった。 【ヘポーちゃん】の愛称で呼ばれる彼女に成り行きからご飯を作ってあげることになった僕だが――彼女が本当に食べたいものって、いったいなんだろう? 幼馴染でお酒好きな【よっちゃん】も巻き込んで、僕とヘポーちゃんの交流が始まった。