二次元総理 リコちゃん11さい

連載小説完結
「僕の妹は漢字が読める」の奇才・かじいたかしが贈る、衝撃のポリティカル・フィクション!!
最新話を読む
最終更新/2015年6月26日

本文目次

作品応援ボタン(1日1回)応援コメントを書く
※あなたの1票が書籍化につながるかも!?
投稿者:ハンスさん
投稿日:2017年2月26日

かじいたかし先生の新作が読みたい

投稿者:みっちぇるさん
投稿日:2017年1月10日

是非1冊の単行本として出して欲しいです!
どのエピソードも短く面白くサクサクと読めて楽しかったです。
このノリで是非長編も読みたいです。

投稿者:続編待望者さん
投稿日:2015年7月1日

エピローグとあるので連載終了? 続編か単行本が読みたいです!

投稿者:ささやかさん
投稿日:2015年6月25日

今日初めてかじいたかしの新作がWeb連載されていると知りました。
僕の妹は漢字が読める系列の話が読めて嬉しいです。相変わらず頭おかしい(笑)。

投稿者:わわんさん
投稿日:2015年6月15日

2話めも相変わらずトバしてます。ひみつのほんたいェ......

投稿者:コダイラ先生さん
投稿日:2015年6月11日

伝説の作品「僕の妹は漢字が読める」作者待望の新作。
当然二次元総理がすごくめだってるんだろうなと思ったら、
ちゃんと主人公に妹も登場でひとあんしん。
書籍化期待してます!

投稿者:意外なる深みさん
投稿日:2015年6月9日

僕の妹は漢字が読めるの頃から思ってますが,この作者さんが描く未来図は
ただのおふざけのように見えてその背後に確固たる理由がありますよね。
それを読み取るのが楽しいです。
書籍化楽しみにしてます!

あらすじ

「イチノセ・タクミ、おまえはワタシの秘書になれ』  萌えが文化の正統となり、二次元キャラが政界にも進出した23世紀の日本。政治家をめざす少年・タクミの前に、ひとりの美少女が現われる。  タクミの家にホームステイすることになった彼女こそ、日本の最高指導者、第8代二次元総理大臣・リコちゃんその人だった。総理の秘書になったタクミだったが、実は彼女は政治よりもゲームが好きなわがまま政治家で!?  「僕の妹は漢字が読める」の奇才・かじいたかしが贈る、衝撃のポリティカル・フィクションがついに登場!!