第二章 長篠城に魔王現る 其の三

作者:設楽英一

第二章 長篠城に魔王現る 其の三

 二日後、鳥居強右衛門(とりいすねえもん)が帰還しました。
 寒狭川(さむさがわ)の対岸に、武田軍によって(はりつけ)に処された姿で。
 その日の早朝、徳川への援軍要請成功を知らせる烽火(のろし)雁峰山(がんぼうざん)から上がった際は城内が沸き立ちましたが、それが武田軍の警戒を強めたのでしょう。
 長篠城に戻ろうとするところを捕えられたのです。

 強右衛門は武田の大将たる勝頼直々に「城内に援軍は来ないと言え。開城すれば将兵全員助命の上、お前も家臣として厚遇する」と言われ、それを承諾。
 武田の兵に、城を見渡す丘の上へと引き出されました。
 そこで一転、「じきに援軍が来るから辛抱せよ!」と叫んだため、激昂した武田軍がただちに磔にしたのです。

 強右衛門の壮絶な最期は城兵を鼓舞し、武田勢すら彼の忠義を称えました。
 ただ、奥平貞昌だけはベルフェゴールに喰ってかかりました。

「なぜ鳥居を助けなかった!? 契約成立と言うたではないか!?」
「キミは自分の言葉をちゃんと思い出すのねん。『使いの者を、無事に岡崎城まで送り届ける』。それがキミのお願いで、帰りのことは言ってないお」
「……わしの思慮が至らなかったばかりに、鳥居は死んだのか……」
「魔王との契約は、うまく使えば奇跡を起こせるけど、約束した以上のことは決してしないんだお。それを忘れちゃダメだお」
 後悔と自責の念に駆られ、泣き崩れる貞昌。その後ろで、ベルフェゴールもそっと背を向けます。
「魔王は情けで動いちゃダメなんだお」

 その二日後、織田徳川連合軍三万八千が長篠城より一里(4km)西の設楽原(したらがはら)に到着。
 倍以上の大軍によって逆包囲される(おそれ)が出てきた武田軍は、先制攻撃に出るか退却するか、いずれにせよ長篠城の包囲を解かざるを得なくなります。
 ギリギリのところで長篠城は生き延びました。

 夜半、織田信長が本陣を置いた茶臼山に、貞昌の姿がありました。
 傍らには、城内にあった具足を適当に身に着けたベルフェゴールもいます。
 貞昌が二つ目の契約として、「鬼神も交えて織田信長・徳川家康と今後の対策を詰めた後、ただちに長篠城に無事帰還する」ことを願ったのです。

 信長と家康が並んで座る面前で、貞昌は左脚を立て、右脚は正坐で座る建膝(たてひざ)で、揃えた右手の指先を地面に着ける貴人礼を取りました。
 一方、横でぽけ~っと立ったままのベルフェゴールに小男が噛みつきます。

「痴れ者がッ!! 殿の前で頭が高いわッ!!」
 壁がビリビリ震えるほど大きく甲高い怒声が、居並ぶ古強者たちの心胆をも寒からしめますが、ベルフェゴールは愛らしい笑顔を浮かべたままです。
「猿、むしろお前が控えよ。その者、ひとではない。何処かの神じゃ」
「しゅご~い。よくわかったねぇ~」
 信長の言葉に、一同が改めてベルフェゴールを注視します。

「モアブの神バアル・ペオル。今は怠惰の魔王ベルフェゴールだお」
「魔王であるか。貞昌の書状によれば、その魔王の加護が長篠城を助けたそうじゃな。わしが頼めば、この信長にも合力してもらえるのか?」
「わたしは貞昌に呼び出されたから、貞昌のお願いしか聞かないお~」
 信長を前にして、この優越感。貞昌はベルフェゴールから特別視されたことに喜び、城に帰ったらまた見抜きさせてもらおうと目論むのでした。

「ならば、わしが貞昌に伝え、それを魔王が叶えるのはどうじゃ?」
「わたしはい~けど、貞昌はど~するのん? 一つのお願いで一代だから、次に頼んだら、三代わたしを養うことになるお」
 言われてみれば、既に己の生涯だけでなく、まだ見ぬ我が子の代まで契約に差し出しているだけに、貞昌も決断が鈍ります。
「貞昌、わしからも頼む。わしも奥平に、出来得る限り報いるゆえ」
 主君・家康にまで言われては、貞昌も覚悟を決めるしかありません。

「よし。では貞昌、魔王にこう伝えよ。『長篠の戦で、織田信長に武田勢を撃ち破る必勝の策を授けよ』とな」
「とのことじゃが、閻魔様はお引き受けいただけるか……?」
「わかったお~」

「鉄砲の射程が一町でしょ~? まずは設楽原の、連吾川(れんごがわ)から一町離れたところに馬防柵を作るのねん。馬防柵で鉄砲を構えて、向こうが川を渡ったら撃てばいいからわかりやすいでしょ~。
 設楽原に相手をおびき出すには、鳶ヶ巣山(とびがすやま)砦に奇襲をかけて、逃げ道をなくすんだお。ほいで向こうが突撃してきたら、鉄砲隊を三つに分けて、ばんばんば~んって三連射すれば、相手の腰も引けるのねん。その隙に次の弾を込めて、またばんばんば~んって撃つんだお。これで勝つるお!」
 魔王の策に一同戸惑いを見せる中、信長だけがニヤリと笑いました。


【第二章其の四は9月14日更新予定です】

作品応援ボタン(1日1回)応援コメントを書く