租税少女 ~高校生でもできる確定申告~

連載小説完結
「確定申告よ!」 「確定申告!? ぼくが!?」
最新話を読む
最終更新/2017年2月3日

本文目次

作品応援ボタン(1日1回)応援コメントを書く
※あなたの1票が書籍化につながるかも!?
投稿者:YMさん
投稿日:2017年5月28日

タメになる話とユルい掛け合い漫才が半々くらいの良いバランスで入っていて読みやすかったです。
確定申告は難しい、けど分かる人に聞けばいいというのうふ先輩の言ってることはとても頼もしかったです。
当たり前といえば当たり前のことなんですけど、それをしない人や、二の足を踏んでできない人も少なくありませんから。

あらすじ

高校生・源イズミは浮かれていた。この一年、バイトを頑張って稼いだ額は30万円。高校生にとっては大金である。 意気揚々と銀行へ下ろしに行くイズミだが、彼の口座には27万円しか入っていなかった。 消えた3万円は源泉税として引かれていたことを知ったイズミは諦めようとしたが、そこに現れたのは高校の先輩である美少女・租税のうふだった。 彼女によれば、その3万円は、とても簡単に国から取り戻すことが出来るらしく――。 税金なんて怖くない!? 財テク青春ジュブナイル開幕!